大丈夫いつかは終わる、赤ちゃんの成長のサイン

“赤ちゃんを育てていると、毎日がてんやわんや。

 

分からないこと・困っていることが次から次へと襲ってきます。

 

今回ご紹介するのは「赤ちゃんの夜泣き」についてです。

 

もし夜泣きにお困りのママがいたら、先輩ママのアドバイスをほんの少し参考にしてみてくださいね。

 

赤ちゃんの夜泣きは個人差があるものの生後半年くらいから始まり、2歳過ぎまで続くことが多いようです。

 

我が家の場合は1歳半くらいがもっとも夜泣きがひどかったピークだったと記憶しています。

 

夜泣きは連日のように続いたため、当の私はしょっちゅう風邪をひいて高熱を出していました。

 

「やっと寝てくれたかな?」と期待したころに、突然目を覚まして機関銃のように泣きまくるのですから、付き合うママは本当に大変です。

 

あのころを思い起こすと、毎日が地獄だったな~と我ながら思います。

 

夜泣きの原因として育児書にはストレス・お腹が空いた・運動不足・脳が興奮して眠れないなど…いろいろな説が書いてあります。

 

夜泣きが特にひどいと「私の子育てが、どこか間違っているのかな?」と不安になってしまいますが、特に気にしなくて大丈夫。

 

どう育てても夜泣きする子は夜泣きするもの、生まれつきの性質によるものも大きいからです。

 

ただ時々、注意しなければならない夜泣きもあります。

 

いつもと違い顔が青ざめているとき、おでこが汗ばんで苦しそうなときは背後に風邪などの病気が隠れているケースもあります。

 

いつもと同じ泣き方であれば問題ないものの、いつもより泣きがひどい・グズグズしている・体が熱いなどのシグナルを感じたなら熱をはかり、気になるときは医療機関へ連れていくのがオススメです。

 

夜泣きは個人差があり「まったく夜泣きはなかった」と楽な子もいれば「毎日のようにワンワン泣いていた」とひどさが気になる子もいます。

 

夜シーンと寝静まった街で、機関銃のように子どもがワンワン泣いているとご近所に迷惑をかけていないか心配にもなるものです。

 

私の場合ですが当時はマンションに住んでいたため、赤ちゃんと夫と一緒に両隣と上下の階に行き、お菓子などの粗品をもって挨拶に行きました。

 

「かんの虫が強い子でご迷惑をおかけすることもあるかもしれませんが…」とひと言添えておくと、ご近所さんへの罪悪感も多少は薄れるような気がします。

 

夜泣きは赤ちゃんの時代だけ訪れる成長のひとつです。

 

真っ只中にいると、どうしてウチの子どもだけ…?と切なくなってしまいますが、いつかは終わりを迎えるもの。

 

堂々と乗り切って欲しいと思います。