興味を持った事をとことんやらせてあげる教育

子供が幼少期の内に何に関心を示すかの見極め “私(30代前半・男性)は現在小学3年生の娘がいます。

 

これまで娘には習字・ピアノ・小学生向け英会話教室・水泳といった習い事を経験させました。

 

現在も続いている習い事は英会話教室と水泳です。 子供の挑戦

 

子供を育てる上で私達夫婦が重視していたことの1つに「なるべく早期に子供の関心事を見極めて、そこを伸ばしてあげる」ということです。

 

もちろん学校で学ぶ勉強も大事ですが、幼少期はたくさんの可能性を秘めていると思うので、例えその道のプロになれなくても娘が興味を持った事をとことんやらせてあげたいと思っています。

 

その為に幼少期の内に色んな習い事をさせてみました。

 

その中で特に自分から熱中しているのが水泳でした。

 

幼稚園入園とほぼ同時期からスイミングスクールに通わせたのですが、回を積み重ねるに連れてスクールに行く日を楽しみにするようになり、スクールでの上達も早いです。

 

私は仕事でスクールでの練習光景を見ることはできませんが、妻から聞く報告や夏場の休日に実際にプールに連れていくと「本当に水泳が好きなんだな」と分かるぐらいご機嫌で目を輝かせて楽しみます。

 

なので現在も娘は水泳を続けています。

 

勉強が疎かになることがなければ、本人がスクールに通う頻度を増やしたいと言えばその通りにさせてあげるつもりです。

 

当面は水泳を自分が納得できるまで極めてほしいなと思っています。

 

もし将来、その手のプロになる道を歩みたいと言えば、その道に進めさせてあげるつもりです。

 

現実にはプロになるようなことは極々稀なことだとは思いますが、そこに向けてたくさんの壁にぶつかり、自分で乗り越えた経験は娘の将来に必ず生きてくると考えます。

 

娘が、芸能界に興味を持ったこともありました。 その時は、親として反対せず、オーディションを受けたり、応援してきました。 その時は、

テアトルアカデミーのオーディションを受けました

 

。 見事合格しましたが、娘は英語に興味を持ち、入学には至りませんでした。 また、英会話教室は小学校入学と同時に通わせました。

 

これは本人の意向に関わらず続けさせるつもりです。

 

現在は小学5年生になると科目に英語が加わりますし、日本社会のグローバル化はどんどん進んでいくばかりだと思います。

 

その流れに娘が遅れをとってしまい社会で困ることの無い様に、という思いから英会話教室に通わせています。

 

幸いこれまでのところ、教室に行く日は機嫌が悪くなるといった拒否反応は示していません。

 

娘が学校で学ぶ基礎的な教養はしっかり身に付けつつ、好きなことは家庭環境を気にすることなく集中して取り組むことができる、そんな環境の構築が親の努めかなと考えています。

 

今後、友達付き合いやクラブ活動での先輩・後輩といった縦の繋がりといった色々な人達との出会いがあると思いますが、そんな1つ1つの縁も大事にしてもらいたいです。

 

夕方になると大泣き、ママを困らせる黄昏泣き

小学生の子どもを持つ先輩ママです。

 

過ぎてしまえば笑い話に終わるものの、赤ちゃんと24時間向かい合わなければならない子育て時代は、ママにとって苦労も多いものです。

 

今回ご紹介するのが「黄昏泣き」についてです。

 

黄昏泣きとは夕方になると赤ちゃんが泣き出し、とまらなくなる現象を指しています。

 

夕方といえば夕ご飯の準備や洗濯ものの取り込みなど、ママの家事がもっとも忙しくなる時間帯。

 

上の子もいるとその子の面倒も見なければならないため、ママの怒りはマックスに到達します。

 

かくいう私も我が子の黄昏泣きが始まると、自分の気持ちのいらだちをどこにぶつけてよいか分からず悩んでいました。

 

私の経験からいうと黄昏泣きは生後すぐから発生して、生まれて半年後くらいには段々と落ち着いてくるようです。

 

ある日を境にコトリと泣き止んでくれるようになるため「あれ?」と驚いたことを覚えています。

 

黄昏泣きがひどいときには「周囲のお宅から虐待されていると思われているんじゃ?」と怖くて仕方がなかったのですが、良いご近所に恵まれたせいか通報されたことはなく、無事に黄昏期を乗り切ることができました。

 

黄昏泣きが始まると、赤ちゃんを泣き止めさせようとトントン背中を叩いてみたり、音楽を聞かせたり試行錯誤を繰り返すママも多いと聞きます。

 

私の経験上、黄昏泣きをしている赤ちゃんに何をおこなっても結局はNG。

 

頑張りすぎるとママが疲れてしまうだけなので、抱っこしてあげても泣き止まないときは、少々泣くのを大目に見てあげる寛容さも大切です。

 

もしパパがいる週末なら、黄昏泣きをしそうな時間帯にパパに赤ちゃんを預けて「プチお出かけ」をするのも、ひとつの方法です。

 

育児の辛い時間を夫婦ともに共有することで、ママのストレスが緩和されることもあります。

 

少しの時間でもママが1人の時間を持つことによって、再び出会った赤ちゃんのお世話が優しくできるメリットもあるからです。

 

また黄昏泣きをしそうな時間帯に、あえてベビーカーに乗せて散歩をする・チャイルドシートに乗せてドライブする…などいつもの環境をかえると赤ちゃんが周りの景色に見とれていつのまにか眠ってしまうこともあります。

 

狭いマンションや戸建ての室内に閉じこもってばかりの生活だと赤ちゃんも圧迫感を感じて、ことさら強く泣くことがあるからです。

 

私が、そんなときに本当に助けられたのは、クマイリーというぬいぐるみでした。

 

赤ちゃんが泣き止む音が流れてくるぬいぐるみがあるんです。

 

泣き止むなんて嘘!?クマイリーを使ったリアルすぎる口コミを集めました!

 

黄昏泣きは一時的なもの、成長とともに必ず収まります。

 

元気に赤ちゃんが成長している証でもあるため、子育て中のママは自信をもって毎日を過ごしてくださいね♪ ” “

夏場の寝返り前の赤ちゃんの体温

エアコンとの付き合い方
“私は5月上旬に第二子となる長女を出産しました。

 

二人目育児ということで、気持ちの面ではやはり第一子のときより余裕がありました。

 

しかしながら、ふたりの子には大きな違いがありました。

 

それは、生まれた時期です。

 

第一子は小雪の舞う寒い2月の上旬に生まれました。

 

そして新生児の育児においてこの季節の違いはとても悩ましいものでした。

 

真冬は風邪を引かせないため温かなお部屋に赤ちゃんはいます。

 

たとえ服装が軽めでも、布団をかけていて、そもそも暖房の入った部屋にいるので赤ちゃんは寒いと感じることはないです。

 

しかし春から夏にかけての時期はとても難しいものでした。

 

外はとても暑くても、窓を開け風通しを良くすると、大人にはとても心地が良いときってありませんか?
6月のある日をさかいに私の娘は日中とにかく泣きっぱなしの毎日でした。

 

抱っこでも泣いて、おむつを替えても泣いて、おっぱいをあげても泣いて。

 

お熱があるわけでもなく、泣くのは日中だけ。

 

お手上げ状態でした。

 

そんなある日、久しぶりに友人家族が遊びに来ることになりました。

 

そのとき私は友人にあらかじめ、娘はとにかく日中のぐずりがすごくて、ずっと泣いてるから、ちょっもうるさいかもと伝えていました。

 

そして、いざ友人たちが遊びに来ると、その日に限って娘のぐずりが無いのです。

 

泣きもせず、ただただ熟睡。

 

子育て
私は拍子抜けしてしまいました。

 

そして、友人からもおとなしい子だねと言われました。

 

いつもは本当にずっとぐずっていて、泣くときもあって、大変なんだけど、なんで今日はこんなにおとなしく寝てるのかなと不思議に思っていたところ、友人から、いつも日中エアコンつけてる?と聞かれました。

 

そして、私はハッとしました。

 

たしかにいつもは赤ちゃんにエアコンはあまり良く無いし、風も心地いいしと思い、エアコンはつけていませんでした。

 

しかしこの日はお友達が来るからと思い、エアコンをつけていたのです。

 

そこで、娘の最近のぐずぐずの原因が暑さからくるものだったのだと気付きました。

 

寝返りもまだ出来ない赤ちゃんは背中に熱気がたまって、もともと大人より体温が高いのに、さらに暑い思いをさせてしまっていたのです。

 

赤ちゃんにエアコンは良くないと勝手に思い込んでいたことを反省しました。

 

今は昔とは違い日中の気温もとても高くなります。

 

そういうときは、ためらわずにうまくエアコンを取り入れていくことが大切なんだと学びました。

 

赤ちゃんの育児は必ずいつか終わる

夜泣きするときは諦めが肝心
“こんにちは。

 

38歳の専業主婦、あきです。

 

現在3人目を妊娠中で、久々の赤ちゃん育児を控えています。

 

8歳の娘と5歳の息子が赤ちゃんだったとき、何が一番辛かったかと言うと、やはり夜中に泣き止まないことでしょうか。

 

日中に泣かれるのはまだいいのですが、夜中に泣かれてずっと泣き止まないと、とても孤独な気分になって、これが一生続くのではないかと思えて、こちらも泣けてきます。

 

赤ちゃんが夜泣きしたとき、オムツをかえても、おっぱいをあげても泣き止まないときは、ただひたすら抱っこしてゆらゆらすることしかできません。

 

子守唄を歌いながら、「早く寝て、早く寝て。

 

」と心の中で呪文を唱えます。

 

でも今思うと、そう思えば思うほど赤ちゃんは寝なかったように感じます。

 

私は歌が好きなので、そんな時、赤ちゃんのために子守唄を歌うのをやめて、自分の好きな歌を口ずさみながら抱っこしていました。

 

もちろん夜中なので大きい声では歌いませんが、小さい声で気分転換しながら好きな歌で赤ちゃんを抱っこしていました。

 

それでも泣き止まないし、抱っこすることに疲れたときは、諦めが肝心です。

 

夜中でもリビングに行き、電気をつけ、赤ちゃんとおもちゃで遊んだり絵本を読んだり、ときには自分は仮眠を取りながら赤ちゃんにテレビを見せたりしました。

 

赤ちゃん育児は体力勝負です。

 

特に上の子がいると、日中赤ちゃんが寝ているときに一緒に寝ることができないことが多いので、夜中でも赤ちゃんが機嫌よくしてくれているなら、その間に横になってウトウトするくらいはしてもいいと思うのです。

 

夜泣きは本当に疲れます。

 

でも、イライラしながら寝かしつけても、赤ちゃんはますます寝てくれません。

 

今は寝たくないのねー、と諦めることも大事です。

 

諦めてちょっと遊ばせたら、意外と寝てくれたりするものです。

 

赤ちゃんはお母さんの心の中を読み取っているように思います。

 

穏やかな気持ちで抱っこしているときは赤ちゃんもスヤスヤ寝るし、イライラしながら抱っこしていたら赤ちゃんもイライラします。

 

ですから、お母さんができるだけストレスを感じず穏やかな気持ちでいられることが何よりも大切なことなんです。

 

赤ちゃん育児はいつか必ず終わります。

 

私も2人を育てていたときは、いつまで続くのかと不安になりました。

 

でも終わってみると、赤ちゃんだったときが懐かしく感じて、そしてまた妊娠しています。

 

あんなに大変な思いをしたのに、今はまた赤ちゃん育児ができることを嬉しく思っているんです。

 

大変ではありますが、赤ちゃんを抱っこできる短い時間を楽しみながら過ごしたいですね。

 


赤ちゃんの子育て

赤ちゃんの夜泣き

夜泣きに悩む子育て中の母親はとても多いようです。
夜泣きには赤ちゃんそれぞれにも個人差があります。
そのため、すべての赤ちゃんが夜泣きをするわけではありません。

夜泣きはいつから?

夜泣きをする赤ちゃんによっても個人差があります。
0歳のころは全く夜泣きをしないよく寝る子だったのに、1歳を過ぎてから毎晩のように夜泣きをするようになった、しかも一晩に何度も夜泣きをして困っているというふうな悩みをもつ母親もいます。
ずっと抱っこをしていないと泣き止まないというお子さんも多く、悩ませることが多いようです。

夜泣き対策法は?

夜泣きの対策法はいろいろとあるようです。

  • 気に入っているぬいぐるみやおもちゃなどを持たせて安心させる
  • 授乳をする
  • 一度外に連れていき気分転換させる
  • 一度起こしてしまって機嫌を直してからもう一度寝かしつける

などさまざまな対応をする方がいるようです。
これも、赤ちゃんによって千差万別です。
この方法がいいと聞いてやってみたら、我が子には全然効かないということもあるでしょう。
赤ちゃんそれぞれ違いがありますから、みんな同じというわけにはいかなそうです。

夜泣きをするのは日本だけ?

赤ちゃんの寝かしつけは、外国と日本では大きく概念が異なります。
外国では、赤ちゃんを一人で部屋で寝かすのが習慣だったりもします。
日本では、添い寝の文化がありますので、そのようなことは非常識という風に言う人もいるでしょう。
古い考えでは、外国の育児は受け入れられないことが多いですよね。

夜泣きの原因って?

夜泣きに原因があるかどうかの本当のところは、まだわかっていないようです。
しかし、よく言われるのが、日中興奮した状態が続くと、夜中に急に泣いてしまったりする子も多いようです。
その理由としては、新しい経験をしたりすると、そのことを寝ている間に整理するそうです。
その刺激で夜泣きをするという説もあるそうです。
そのため、夜泣きは大変なことではなく、赤ちゃんが成長している証拠という風にプラスにとらえることもできます。

夜泣きによる母親のストレス

毎晩夜泣きをするお子さんがいる母親は、必然的に睡眠不足になります。
睡眠不足が続くと、体調不良に繋がったり、精神的な余裕がなくなったりしてしまいます。
あまりにも夜泣きが続く場合は、父親などに代わってもらうなどして、母親のストレスを軽減させることも非常に重要ではないかと思います。
ただ、赤ちゃんがママでないと嫌だと泣いてしまうこともあるので、夜寝れなかったときは、昼に寝れる時間を確保するなど、疲れをためすぎないようにすることが大切です。